太陽光発電はメリットだけでなくデメリットもあるの?

太陽光発電は非常に流行していますが、果たして本当にメリットだけなのでしょうか?

太陽光発電は安くなってきていますが、まだまだ100万円以上する高級品です。

購入してしまった後で、「失敗した!」となるのは最悪です。
予め太陽光発電のメリットとデメリットを理解しておきましょう。

太陽光発電のメリットはどんなところ?

太陽光発電のメリットには、次の3つの点があります。

何かと環境に優しい
自家発電だから電気代も安く、みんなの役にも立つ
蓄電池も利用すると電力の安定供給も可能
(クリックすると、より詳細な情報をご覧いただけます)

このように、太陽光発電のメリットは数多くあります。

民主党政権の際、太陽光発電の普及を進めるための施策がうたれていました。
そのため、太陽光発電の普及が進み、太陽光発電の価格もかなり下がってきました。

価格が下がったため、入手しやすくなってきており、
こういったメリットを受けるチャンスとい言えるでしょう。

ただし、次のようなデメリットもありますので注意しておきましょう。

太陽光発電のデメリットには要注意!

太陽光発電のデメリットには、次の3点があります。

発電量は日射量に左右される
設置後の影の影響が考えられる
発電量が不安定
パワーコンディショナなどの電気機器の交換
初期費用(設置価格)が高い
メンテナンスが必要(保証期間内は無料)
台風や竜巻、火災などで壊れる恐れがある
雨漏りのリスク

どれだけ発電できるかは太陽次第
蓄電池がなければ電気を貯めることはできない
まだまだ高い
(クリックすると、より詳細な情報をご覧いただけます)

太陽光発電にはこのようなデメリットがあります。
しかし、それらのデメリットは回避することや軽減することもできます。

あらかじめデメリットとその回避方法を知っておくことで、
太陽光発電の設置で成功することができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です