コーヒーの苦味の違いを知って、コーヒーをおいしく飲もう!

コーヒーは主に『苦味』と『酸味』で構成されています。一般的には「コーヒー=苦いもの」というだけの認識で終わってしまいがちですが、豆の種類や抽出方法によっても『苦味』、『酸味』が変化してきます。これらを知っているだけで自分好みのおいしいコーヒーにたどり着くことができるかもしれません。今回は、コーヒーといえば一番に思いつくであろう『苦味』についてまとめてみました。

コーヒーの苦味について

コーヒーの苦味は豆だけでは決まらない?

一言にコーヒーの苦味と言っても、決してコーヒー豆ですべて決まっているわけではありません。確かに豆による苦味や酸味なども変わってくるのは事実ですが、そのコーヒーの淹れ方によっても苦味は変わってくるのです。また、多くの人が「コーヒーの苦味=カフェイン」と思い込みがちですが、それも間違っています。カフェインは苦味成分のごく一部と言われており、大半は豆や、豆を焙煎したりドリップしたときに作られるものだと言われています。

淹れ方による苦味

コーヒーの苦味は豆だけではないと述べましたが、コーヒーの味は、同じ豆だとしても、豆の挽き具合や湯の温度、抽出時間、どれもが少し違うだけで味が変わってくると言われています。それぞれどのようにすれば同じ豆でも苦味の強いもの、苦味の少ないものを淹れることができるのか見ていきましょう。

焙煎度

豆だけをパッと見ておおまかに苦味の強いもの、少ないものを見分けることができます。色が濃いものが苦味が強く、薄いものが苦味が少なく、酸味が強いものといえます。それは焙煎度の違いであり、簡単に例えるならば「色が濃い=焦げている=苦い」と捉えることができます。つまり、深煎り豆は苦味が強く、浅煎り豆は苦味よりも酸味が強い豆だといえます。中煎りというバランスのとれた焙煎度が一般的に飲みやすく、焙煎度で味が決まるといわれているほど、大事な要素となります。

豆の量

こちらもだいだい想像できるかと思いますが、豆の量が多いとその分濃い味がでるため、苦味が強めにでてきます。苦味を抑えたい方は少し豆の量を少なくすることで、苦味よりも酸味がでてくるので、スッキリとした味わいになります。

湯の温度

沸騰した熱湯で…という方が大半を占めると思いますが、湯の温度によっても苦味の強さは変わってきます。湯の温度が高温だと苦味が強く押し出され、低温だと酸味が強く押し出されます。なので、苦いのが苦手という方は熱々のお湯から少し冷ましてから注ぐだけでも苦味が和らぎ、飲みやすくなります。

抽出量

抽出量は抽出量が少ないほど苦味が強く、多いほど酸味が多くなります。これは身近なところではお茶を想像していただければわかりやすいと思います。少ないお茶の葉で大量のお茶を作ろうとしても味が薄れてきますよね?そのように、抽出量が少ないほどコーヒー本来の苦味が凝縮され、苦味が強くなります。

自分好みの苦味でおいしく飲もう!

コーヒーは豆を選ぶところから、挽き方、淹れ方までさまざまなことが『苦味』と関係していることがわかります。コーヒーをあまり飲み慣れていない方は苦味の少ないものから、コーヒーが大好きという方は、豆や淹れ方にこだわってみて自分好みの味を見つけてみてはいかかでしょうか。

朝はスッキリと目覚めるために苦味の強いものを、昼はスッキリ飲みたいから苦味もほどよいバランスのとれたものを、夜はまったりとリラックスしたいので苦味の少ない甘いもの…なんて自分の気分や時間にあわせて飲み分けるなんて素敵ですね。自分好みのコーヒーを見つけて素敵なコーヒーライフを!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です